"ワープア層なら大きな病気になれば即弱者に転落なんだから、必ず社会的保護を受けられる制度を支持すべきなのに弱者叩きをする。未来の自分かもしれないと想像しなよ。"

Twitter / @rokotaro

自分がワープア層かワープア層予備軍だって認めたくない人ほど弱者叩きをする。

(via miki7500)

2002年に出た本に書いてあって、当時読んでそうなるだろうな、と思った未来がここにある気がする。

なぜ“弱者”がいなくなるのか。これには大きく二つのしかけがある。

まず第一に、結果の平等と機会の平等では“弱者”の意味が大きくちがってくる。結果の平等の下では、“弱者”というのは不当な目にあっている人になる。持てる者と持たざる者の極端な格差、つまり極端な強い弱いの差自体が悪である以上、弱い立場の人間はつねに被害者である。機会の平等の下では、そうはならない。機会の平等における“弱者”はゲームにまともに参加できない人にすぎない。あえて嫌な言い方をつかえば、たんなる可哀想な人、になるのだ。だから、機会の平等を掲げる社会では、誰も自分を“弱者”と認めたがらない。認めれば、二級市民にされるからである。「弱者切り捨て反対」とか「弱者救済」を唱える政党が広い支持を集めるのもむずかしい。そういう政党を支持することは、自分が二級市民だと認めることにつながりかねない。競争を是とする社会のなかで、そしてついこの間まで、一億層中流意識のなかで「人並み」であろうと必死で努力してきた人々にとって、それは強烈に禁忌である。

こうして“弱者”は消え去っていく。構造的に不利益をこうむっている人、自分のせいでなく痛みを強いられている人たちの多くが、“弱者”と名乗ることも “弱者”とよばれることも欲しなくなるのだ。富の分配のあり方はまったく変わらなくても、機会の平等が正義になるだけで、自分を“弱者”だとする人数はずっと少なくなる。

結果の平等を掲げる社会では、「弱者がいる」は「正しくない」に直結する。それに対して、機会の平等を掲げる社会では「弱者がいる」は「正しくない」に直結しない。この社会で「正しくない」に直結するのは「不公平」である。したがって、構造的に不利益をうけている人たちに訴えかけるのも、“弱者”ではなく「アンフェアな目にあっている人」とよぶことからはじめるしかない。簡単にいえば、「弱者救済」というスローガン自体が耐久年数にきているのだ。 (佐藤俊樹, 『00年代の格差ゲーム』,中央公論新社, 2002, p33-34)

機会の平等の下では、「敗れた」のは当人のせいで、社会のせいではない。だから、「貧しいのだから正しい」とはいえないし、ゆたかさによって自分を肯定することももちろんできない。“敗者”は自分を肯定する術をもたないのだ。

それでも、実際に機会が平等であるならば、「自分の努力が足りなかった」と思って再起を図ることができる。再挑戦ができると信じているうちは、強い自己否定感から逃れられる。たとえずっと“敗者”でありつづけたとしても、それはあくまでも自分の責任であり、自己否定は自己のなかでとどまる。

裏返せば、機会の平等が確保されていなければ、この自己否定は他人に向けられる。自分が否定された苦しみを、他人も否定することで埋め合わせようとするのである。“敗者”からすれば、敗れたのは自分のせいではないが、周囲はそうと認めない。その分、否定感は鬱屈し、ある時爆発的に噴出する。噴出する相手、つまり身代わりの羊は誰でもいい。自分も不当に否定されたのだから、他人を不当に否定してもかまわない。現代風にいえば、「自分が不当に否定されたのだから、自分は他人を不当に否定する権利がある」と思うわけだ。

「不当評価」という意識が危ないのはそこである。

くり返すが、身代わりに否定されるのは誰でもよい。もし社会の外に標的をみつければ、煽情的なナショナリズムとなる。ナショナリズムの意義については意見がわかれるだろうが、他の国や他の文化を貶めてまで自分を高くしようとするナショナリズムは、国民国家にとっても危険である。不当評価による自己否定感の鬱積は、そういう自己破壊的なナショナリズムにも通じる。

もし社会の内に標的をみつければ、公然と私刑がおきる。攻撃する相手は誰でもよい。自分の身代わりになるのであれば、誰でもかまわない。それこそ目立つ人間であれば誰でも標的になりうる。集中攻撃をかけてつぶしやすいし、集中攻撃すれば、自分が反撃されてさらなる否定をくらう可能性も低くなるからだ。(佐藤俊樹, 『00年代の格差ゲーム』,中央公論新社, 2002, p40-41)

ジョック・ヤングの『排除型社会』でも「相対的剥奪」として書かれているな。

(via burnworks)

"田舎の活気を測る目安として、「ヤマザキデイリーが営業を止める」段階というのがあって、こうなるとほぼ廃墟になる。建物はあるんだけれど、生活の空気がなくなるというか"
"

「黒いインクが印刷された、物理的な紙の束を店頭に並べて販売し、それと引き換えに顧客から、代金を受け取る流通業」というような定義しか出来ないようでは、21世紀の前半のうちに、「書店・本屋」という商売自体が消えてゆくだろう。それは書店の店主や店員さんの一人ひとりが「勤勉」だとか、「怠惰」だとか、「保守的」だとか、そういう次元とは関係のない、ある種の「自然現象」のように進んでいってしまう、と私は思っている。丁度、ロウソクが消え、馬車が消えていったように・・・。

私が思うに「書店・本屋」という業界が21世紀初頭における、もろもろの外部状況を考慮に入れて、その業態と存在価値を再定義すれば、「最先端の文化・教養に対し、単なる「情報」のみに留まらないヒトおよびコトも含めて、新鮮な驚きを持って出会える偶然性(いわゆるセレンディピティと言ってもよい)を提供すること」になるべきではないだろうか。

(略)

つまり、21世紀の書店は「情報」を売ってはいけない。いわんや「紙の束」としての本を売るつもりでもいけない。これからの書店は、(自分の狭い興味範囲を超えた)情報との「出合い方」や、自分に必要な情報をもった人物と出会える「機会・文脈」を売っていく気構えを持つべきである。これは、平たくいうと、書店ではなく「知のスポーツクラブ」とでも銘打つべき業態だろうか。月会費制でのインテリ・ホワイトカラー向けのサロン業、つまり、レンタルオフィスやいわゆるサードプレイスの提供(高級自習室の提供)、会員相互のテーマごとのセミナー活動や、トークイベント、カルチャーイベントの開催などまでも手がけていくくらいに覚悟でないと、私が死ぬころには(寿命を全うできるとすればw 21世紀半ばか?)跡形もなく消えているかもしれない。

しかるに、この(自分の狭い興味範囲を超えた)情報との「出合い方」や、自分に必要な情報をもった人物と出会える「機会・文脈」を提供する機能というのは、本来的には、大学のような教育機関の仕事でもある。今や、大学も書店も、その本来的な使命、提供価値(社会人教育のインフラたるべし)において差異がないのだから、境界線が消えていくのだろう。特に都心の大型書店には、圧倒的な知名度、特に場所としての認知度、好立地などの優位性があるのだから、早めに上記のような業態転換にぜひ、取り組んでしてもらいたい。

I…dear"
"・中2病的タイトル
・主人公は第二王子(美形・天才)(豪腕の家来有)
・第一王子に命を狙われる
・庶民に化け潜伏する先王
・幼帝ショタが実は女児
・決めゼリフ「いかに八大竜王、守護したまえ!」
これ全部『義経千本桜』の設定で初演は250年前。盛りすぎなラノベって先祖帰りだと思う。"
"マンガに被害者はいないので児童虐待ではない論は前々からある話だけど、2011年に、児童ポルノは児童性的虐待、マンガには被害者がいないから児童ポルノではないという、ICPOの公式見解が出たから、国際社会に合わせるべき論者に対しては、カウンターになるんじゃないですか?"
"考えようによっちゃあ、たとえ新卒の大学生が「自分が一生やりたい仕事が見つかった」と言ったとしても、それは離乳食が終わったばかりの2歳児が「カレーの王子様は世界で一番おいしい食べ物である」というのと同じぐらいかわいい話かもしれないよ。それぐらい、普通は、「知っている選択肢の幅が極めて狭い時点でベストな選択肢を見つける」のはとても難しいものだと思う。"
"71: オセロット(関東地方):2012/07/30(月) 20:54:33.81 ID:69Ngaxo0O
ベルギーもまさか自国のお菓子(ワッフル)が
遠い異国でエロ画像クレクレの呪文になってるとは
夢にも思わんだろうな"
"北京大学で講師やってる日本人講師に
「なぜ日本は謝らないんですか」と生徒から質問があった
講師はリストを作成
30回を越える公式謝罪のリストを生徒に出すと「なるほど」と引き下がった
しかし翌日またも「なぜ日本は謝らないんですか」と生徒から質問が
これは何を言っても無駄かもしれんと講師は天を仰いだ(実話です)"
"

社畜の連勤術師-フルシフトアルケミスト-

人は働くことなしに金を得ることはできない。給与を得るためには同等の労働が必要になる。それが、連勤術における給与明細の原則だ。僕たちは、それが社会の真実だと信じていた。

第1話『サビ残』

"